万能文化猫娘

Nuku Nuku Falls in Love! Who's the Valentine for?
情報

シノプシス: 私立三流大・双葉大学の医学部に通う夏目温子は頭脳明晰、容姿端麗、スポーツ万能で、まさしく学園のアイドル。彼女を狙う医学部通いのボンボンたちは、クリスマスはぜひとも彼女を誘いたいと、次から次へとデートを申し込む。だが、彼女はそれを頑として聞き入れない。クリスマスは彼女にとってとっても大事な日だった。 温子の保護後見人、夏目久作教授はかつて禁止された生体実験を行ったとして学会を追われた人物だった。彼は現在、双葉大学にて講師を務めながらある研究を行い、その成果を引っさげて学会への復帰と自分を追い落とした者たちへの報復を狙っていた。一方で彼の息子・龍之介は学会への返り咲きを夢に見すぎて生活をおろそかにし、妻に逃げられた父親を戒めながらも、温かく見守っている。 そんな三人の一年前。学会を追われ妻に逃げられ、やさぐれていた久作に息子の龍之介はある願いをする。それは路上で車に轢かれて死にかけている猫を助けてほしいというものだった。クリスマスプレゼントなんていらないから、と必死にせがむ龍之介に久作は親としてその願いをかなえる。自らの研究の集大成をもって。 久作が開発を推し進めながら、幾度とない生体実験とその膨大量の失敗のために学会に「非人道的研究」と烙印を押され、その研究を停止させられた猫脳使用アンドロイドニャンボット。久作は龍之介が拾った猫をその被検体として使った。そして、久作の研究者生命をかけた最後の実験は何と成功を収める。龍之介によって「温々(ヌクヌク)」と名づけられた猫は、久作から「温子」の名も与えられた。温子は久作の手によって作り上げられたニャンボットだった。 かくて久作の学会返り咲きを願う研究と、龍之介とヌクヌクの「家族の時間」が同時進行で語られていくことになる。 三島コンツェルンの御曹司である夏目龍之介は、自家の英才教育により9歳にして大学卒業まで終わらせてしまった超天才児。そんな彼の悩みは、自分の境遇があまりに他の子供と違いすぎることだった。時折、研究を抜け出して遊ぶこともあるが、有名人である自分の行動は三島コンツェルンの支配する真似木(まねき)市においても注目の的。その場はいいが後々噂になって、自由に遊んだり買い食いしたりすることも、友達を作ることもままならない。孤独な彼は今日もまた研究を抜け出して町に出たが、そこで小さな子猫を拾い「温々(ヌクヌク)」と名づけた。 時を同じくして三島重工・第7研究所に解散命令が出ていた。所長・夏目久作が自らの妻にして社長でもある晶子に開発中の医療向け脳移植アンドロイド(生体サイボーグ化)システム「NKシステム」のロボット兵器システム開発への転用を迫られ、それに拒否した結果だった。久作は自らの手で研究所を爆破。研究資料と開発ボディを持って逃走する。そこへ龍之介が猫を飼いたいとやってきた。ところが晶子の部下と久作の追走劇に巻き込まれてしまう。龍之介は成り行きで久作と共に逃げることに。そして温々は瀕死の重傷を負う。 龍之介は「NKシステム」に温々の頭脳を使うことを久作に願い出た。元々「命を救う」ためのシステム。久作は了承するが、自分ひとりでは無理だと語る。助手もいるし半年はかかる。龍之介は三島の跡取り。本来ならばすぐさま戻らねばならない、と。しかし龍之介は自らの意志で助手を買って出て、久作の下で暮らすことを申し出る。 こうして龍之介は「普通の社会」を知るために、身分を隠し「プータローの父を持つ子」として小学校に通い念願の友達も得て社会勉強を生き、父の本来の「NKシステム」開発とその被験者であるヌクヌク(温子)のモニタリングを手伝うのであった。 夏目晶子は三島コンツェルンの女社長である。ある日、彼女の夫で三島コンツェルンの研究員・夏目久作は自分が開発していたアンドロイドを三島の会長(夏目晶子の祖父)が兵器に利用することを知り、試作型アンドロイドNK-1124と最愛の息子・夏目龍之介を連れ、逃亡する。最愛の息子を連れて行かれたことに激怒した晶子は今日子とありさに龍之介の奪回を命ずる。 クリスマスの夜、龍之介が、拾ってきた猫を飼いたいと久作と議論していると、晶子の追手、今日子とありさに見つかり新型ヘリのポイズン1で襲撃してきた。その混乱で龍之介が拾ってきた猫が流れ弾に当たってしまう。久作は龍之介が悲しんでいるのを見てその猫を不憫に思い、試作型アンドロイドNK-1124に脳を移植した。 そして、万能猫脳アンドロイドとして復活したヌクヌクとその周りの人たちによって繰り広げられる物語はスタートする。 2013年、某県マネキ市は三島コンツェルンの本拠地として成立している都市である。その都市に生活するマッド・サイエンティスト夏目久作によって製作された万能猫脳アンドロボットであるヌクヌクは、女子高生として高校に通うことになった。 そこで出会ったのは、硬派を気取るがイマイチ締まらない少年、常にアコースティックギターを持ち歩く若大将気取り、マッド・サイエンティスト予備軍の発明オタク、ホイッスルがトレードマークの熱血学級委員、お蝶婦人も真っ青のタカビー娘、呪術が趣味の過激な根暗少女、読書が趣味の必要以上に寡黙なメガネ少女と、ヌクヌクや夏目家にも負けず劣らずアクの強い同級生達であった。 一方、三島の若社長三島重三は自社のシェア拡大を世界征服に例えて、会社をショッカーまがいの悪の組織ふうに仕立てて活動する困った人物。商品として開発した巨大メカを市街地でデモンストレーションするが、暴走事故を起こしては損害を出す。 三島に対抗意識を燃やす久作に煽られ、三島のお騒がせ巨大メカから町と家族、友人を守るため、正義のアンドロボットヌクヌクは今日も戦うのであった。 ある日、車にひかれそうだった猫を謎の美人が助けるところを目撃する龍之介。家に帰ってみると、あの猫を助けた女性が家にいたので龍之介は驚く。その女性の名前は 樋口温子(ヌクヌク)といい、事故で記憶を失っているのだという。そしてヌクヌクは夏目家に居候することになる。しかし、ヌクヌクは実は三島重工で作られた戦闘用アンドロボットで同社に追われる身だった。 命あるものが危機に陥ると、「すべての命あるものを守れ」と脳裏から命令が発せられ、それを聞くとヌクヌクはバトルモードへと変身するのであった。

エピソード一覧