くっつきぼし

Kuttsukiboshi OVA
情報

シノプシス: 前編 離れた物を少しだけ動かす能力を持った女子高生、川上紀衣子 (キーコ) はクラスメイトの斉藤亜綾 (アーヤ) にその力を知られてしまい、たびたび超能力の研究に付き合わされてしまう。一緒に過ごすうちに二人は惹かれあっていき、アーヤからの積極的なアプローチもあり、夏休みの人気の少ない校舎での性的な関係まで至る。その後、アーヤはキーコを自宅に招待する。キーコは好きな音楽家のCDを発見し、それがアーヤの兄であることを知る。帰り道、携帯を置き忘れたことに気づいたキーコは、戻って中へ入るが、そこでアーヤが兄と近親相姦している瞬間を目撃してしまう。 後編 気持ちを裏切られたキーコはアーヤとの関係を断ち切ろうとする。しかし、アーヤはキーコを体育倉庫に拉致監禁し、セックスを強要する。嫌々ながらも断りきれないキーコであったが、親からの心配もあり一週間後には帰宅する。夏休み明けの始業式の日の帰り、アーヤから最後の一回のセックスを懇願され、キーコはそれに応じる。アーヤは日本を発つこと、もう秘密を気にする必要はないことをキーコに告げる。その夜、キーコは夢でアーヤの兄が難病で死が迫っていたこと、アーヤが兄の手術前の最後の願いに応じて肉体関係に至ったことを知る。真実を知ったキーコは超能力が急成長し、飛行機に乗ったアーヤの元へテレポートできるほどになる。うんと綺麗な海が見たいというアーヤの願いを感じ取ったキーコはどこかの海へとテレポートし、二人は結ばれ物語は終わる。

エピソード一覧